代官山アドレス・ザ・タワー


東急東横線「代官山」駅前にそびえる「代官山アドレス・ザ・タワー」

旧同潤会代官山アパート跡地に誕生した「代官山アドレス」の居住棟です。

タワーを中心として商業施設、公益施設などがあり、大規模な複合施設となっています。

代官山は青山、表参道などと並び、高級ブティックやショップなどが多く、人気のエリアとして知られています。

旧山手通り沿いには大使館、高級ブティックや建築家の槇文彦氏の代表作でもあるヒルサイドテラスなどが立ち並び、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

この代官山のランドマークである「代官山アドレス・ザ・タワー」は2000年8月に鹿島建設によって建築・分譲された全501戸、地下5階地上36階建てのマンションです。

平成19年度の売買物件の成約事例で坪単価600万円前後。

501戸と戸数も多いので、比較的売りに出やすい物件かもしれませんね。

代官山アドレス・ザ・タワー

■代官山アドレス ザ・タワー
■渋谷区代官山町17-1
■東横線「代官山」駅徒歩1分
■地下5階地上36階建て501戸
■2000年8月竣工 ■分譲・施工/鹿島建設
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70241251

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。